美しいお茶とお茶菓子の出し方

家庭訪問や親戚の来客でのお茶の出し方って?考えてみると意外に悩むんです。
お盆や茶托はどうする?お茶の出し方?お茶菓子も和菓子が格好がいいけど、どうやって出す?

目上の方やちょっと気が張るお客様には、
「きちんと見せたいから」「美しく気持ちよくおもてなしをしたいから」と思うとなおさらです。

逆にお客様の立場でお茶をいただく時は、あまり気にならないもの。
おもてなしをする立場になると、あれれ?と気になるのは仕方ありません。

 

マナー、作法はお客様を思いやるおもてなしの気持ち

知ってしまえば、なるほど納得。
お客様が気持ちよくすごせるようなカタチになっているのです。
マナー、お作法は知っておいて得。損はありません。
「マナーがなってない・・・なんだかなぁ・・・」と思われる前に、素敵な一人前の大人としてマナーはおさえておきましょう。
「あそこのお宅では、おいしくお茶をいただいて楽しく過ごせた。さすが!きちんとしている。」と思って欲しいものです。

 

やってみよう!美しいお茶の運び方

お茶の出し方

お茶とお菓子は、お盆に一緒にのせて運びます。
お盆の上では、茶わんは茶托にのせません。
歩いて運ぶときに、揺れて茶托にお茶がこぼれてしまうからです。
茶托にこぼれていると、お客様がお茶を飲むとき茶わんについたしずくが落ちたり、茶わんを持ちあげたとき茶托が茶わんにひっついてきたりするかもしれませんよね。
お客様に失礼です。

 

やってみよう!美しいお茶とお茶菓子の並べ方

お茶の並べ方

部屋に入ったら、お盆を下座側の畳の上におきます。(洋室でテーブルの場合は、テーブルの下座側におきます。)
まず、お菓子のお皿を両手で持って、お客様の正面、ちょっと左側におきます。
正面にあれば、目でも楽しめる和菓子をよく見られるし、黒文字を使って切ったりする場合に食べやすいですよね。
次に、お盆の上で茶わんを茶托にのせて、お菓子の右側におきます。

知れば納得。
スッと右手を出して湯のみを持ちやすいのは、右。
右手で茶わんを持って左手を添える。この動きが自然にできるのは右側だと考えると覚えやすいですね。

お茶とお茶菓子を出すときは、
お菓子→お茶の順番で出して、
お客様から見て、左がお茶菓子、右がお茶。

 

やってみよう!美しいお茶のおかわり

お茶がなくなっていたら、おかわりをお勧めしましょう。残っていても3,40分たてばお茶も冷めてしまいます。
「熱いものとかえますね」「お注ぎしてもよろしいですか」
と一言そえられると、お客様もうれしいですよね。

丁寧なお茶のおかわりは、新しく別の茶わんに入れて、前の茶わんをさげます。

茶わんにお茶を注ぐ場合は、茶托と茶わんをお客様の前からさげます。
お客様の前にある茶わんに、直接注ぐのは失礼。
目の前でジャボジャボ注がれていい気はしませんよね。美しい所作ではありません。
自分の手元に引き寄せて、茶托から茶わんのおろして注ぐ。それから茶托に戻してお出ししましょう。

 

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る