あんこが入った和菓子は健康食品?

和食は、世界も認めるヘルシーフードです。
味噌汁、豆腐、しょうゆ、納豆・・・。
見直されている食品は、多くありますよね。

和菓子に使われるあんこの原料、小豆。
これも昔ながらの「おばあちゃんの知恵袋」的に、身体に良いとされてきた健康食品なのです。
その身体にいい効果とは?

 

小豆は女性にうれしい健康食品

あんこの原料の小豆(あずき)は、むかしから薬として使われてきました。

正月あけに小豆がゆを食べるという風習があります。
これは正月で食べ過ぎた胃腸を休めて体内にたまった毒素をとるという意味があります。
また、産後の肥立ちを良くするために、
母乳の出を良くするためにと、
出産後の女性にあずき汁が良いといわれてきました。

 

漢方でも使われる小豆

漢方では、小豆は解毒、利尿、消炎の効果があるとして、食中毒や急性腎炎に使われています。
これは、小豆に含まれるカリウム、サポニンの効果。
わかりやすくいうと、塩分のとりすぎで起こる「むくみ」を解消してくれたり、
高血圧を防ぐ役割をしてくれたりするんですね。

他にも、体内のアルコールを排泄してくれる働きがあるので、お酒を飲んだ後にもおすすめです。

日本書紀や古事記に登場するほど、日本には古くから食べられてきた小豆。
和食がヘルシーで身体に良いと海外で認められているように、シンプルな和菓子も身体に優しいのです。
そんなヘルシーな食べ物が、スイーツとしておいしく食べられるなんてうれしいですね!

 

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る