練切り(ねりきり)とはどんな和菓子?

練切り(ねりきり)練切り(ねりきり)

練切り(ねりきり)は餡をねった和菓子。花などの形にデザイン、着色され、日本の四季を表現しているものが多いことが特徴です。

関東流の白餡の練切りは、白小豆の餡に砂糖を加えて、求肥(ぎゅうひ)、みじん粉(もち米を蒸してもちにし、薄くのばして白焼き。それを粉末にしたもの)、寒梅粉などを加えて練りこんでつなぎにしています。

一方、関西流の薯預の練切りは蒸した山芋を裏ごしして砂糖を加えて練り上げています。冷ましてからもう一度こし、こなすことで口当たりをやわらかくします。薯預だけで作る本練り切りと、白餡を少量加えるものがあります。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る