最中(もなか)とはどんな和菓子?

最中(もなか)最中(もなか)

最中(もなか)とは、もち米を原料に焼き上げた皮に餡をはさんだ和菓子です。
最中(もなか)の皮は、まず、製粉したもち米に水を加えて蒸す。それから、餅つき機でつき、餅を焼き型に入れて焼いて作られています。

 

漢字で最中と書くと、どうしてこんな言葉なのかと不思議に思いますよね。
最中(もなか)の始まりは、江戸のある菓子屋が、満月をかたどった【最中(もなか)の月】というせんべいのようなものを作ったところからといわれています。
【最中(もなか)の月】とは、9月の中秋の名月、満月のことです。
円盤形でないものが出始めてから、【最中(もなか)】と呼ばれるようになったようです。

 

今ではいろいろな形の最中(もなか)があります。
また、パリパリとした最中の皮の食感を楽しめるようにと、自分で皮にあんこをいれて食べれる最中(もなか)もあります。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る