饅頭(まんじゅう)とはどんな和菓子?

饅頭(まんじゅう)饅頭(まんじゅう)

饅頭(まんじゅう)は穀類の粉で皮を作り、中にあんこを入れて蒸したものです。

饅頭の種類 薬饅頭(くすりまんじゅう)(蒸し饅頭)

薬饅頭(くすりまんじゅう)の皮の材料は小麦粉。膨張剤はイスバタ、重曹、アンモニアを使っています。

饅頭の種類 薯蕷饅頭(上用饅頭(じょうよまんじゅう))

薯蕷饅頭の皮の材料は米の粉(上用粉)。膨張剤は山芋、つくね芋、大和芋を使っています。薬饅頭(くすりまんじゅう)に一見似ていますが、芋のねばりで皮がもっちりとしています。

饅頭の種類 酒饅頭(さかまんじゅう)

酒饅頭は、膨張剤に酒種を使っています。

饅頭(まんじゅう)の歴史

饅頭(まんじゅう)の始まりは中国。
三国志で有名な諸葛孔明が、穀類の粉で作った皮で肉を包み、人頭にかたどって、いけにえのかわりに捧げたものがはじまりと伝えられています。

中国から日本に饅頭(まんじゅう)が伝わった話は二説あります。
一説は、鎌倉時代に名僧、聖一国師が習い伝えたというもの。
もう一説には、南北朝のころに、林浄因という中国人が日本に帰化し、奈良でまんじゅう屋を始めたという説です。

江戸時代以前は、塩味の赤あずき餡を入れた塩饅頭でした。江戸時代に入ってから、砂糖の輸入量が増えて現在のようになりました。
それから、まんじゅう類は人気を呼び各店が競い合って作られるようになりました。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る