葛まんじゅう(くずまんじゅう)とはどんな和菓子?

葛まんじゅう葛まんじゅう

葛まんじゅうは夏のもので、見た目にツヤツヤして涼しげで、美しい和菓子。
葛菓子の材料の葛粉は、山野に生えるツル植物のクズの根のデンプンです。
葛粉(くずこ)には、解熱作用があって、のどの渇きをしずめる働きがあります。風邪をひいた時などにくず湯を飲んだりしますが、それも葛粉の効能で熱をとってくれているんですね。

日本には古くから葛を食べる習慣があったようで、1643年の記録として、葛だんごにきな粉をかけて食べる作り方が文献に残っています。
今から370年前も前から日本では食べられていたのです。暑い時には、身体が涼しいと感じられる食べ物として、日本人は経験として知っていたのかもしれません。

暑い夏には、見た目も涼しく、身体を冷やしすぎない葛(くず)がおやつにはぴったりですね。
こしあんを葛で包んで蒸した葛まんじゅう、水まんじゅうがおすすめです。
葛の透明感から、中の餡が透けて見えて。淡いピンクの色がついた桜餡は格別にキレイです。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る