錦玉(きんぎょく)とは?琥珀(こはく)とはどんな和菓子?

錦玉(きんぎょく)・琥珀(こはく)錦玉(きんぎょく)・琥珀(こはく)

錦玉は主に関東、琥珀は関西で使われる言葉で、どちらも、寒天液に砂糖を加えて固めたもので、透明感のあるきれいな仕上がりの和菓子です。
地方や和菓子屋により、どちらも大きく区別なく呼ばれているようです。
見た目にも涼しげで、棹物の琥珀羹は夏羊羹とも呼ばれ、日もちがします。表面は乾燥してすりガラスのようなシャリがでていますが、中は寒天のプルプル感が残っていて、食感も独特です。

透明感がある和菓子なので、美しい上生菓子が多いのも特長です。
錦玉を水にみたてて中で金魚が泳いでいる様子を表現した美しい錦玉。
淡い色のついた細かい角切りの錦玉をあんこ玉にちりばめた紫陽花の上生菓子が夏には見られます。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る