鹿の子(かのこ)とはどんな和菓子?

鹿の子(かのこ)鹿の子(かのこ)

鹿の子(かのこ)は、小鹿の班を意味しています。そこから名前をとった鹿の子絞りに、お菓子の小豆が並んだ様子が似ているため、菓子も鹿の子(かのこ)になったようです。

一番古い資料に残っているのは、「古今名物御前菓子図式」で1761年に刊行されたもので、現在のお菓子とほとんど同じ作り方が紹介されています。

特に江戸の後期、鹿の子(かのこ)は人気のある菓子だったようです。鹿の子(かのこ)は、求肥(餅粉に砂糖を加えた餅菓子)を芯にした餡玉や、求肥にくるんだ餡玉に、蜜煮の豆をつけた和菓子です。回りにつける豆の粒がそろったお菓子は、美しいものです。

小豆のほかに、ささげ、うずらなどのいんげん豆、えんどう豆などの豆類が主流ですが、蜜漬けの栗を切ってつける栗鹿の子もあります。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る