どら焼き(どらやき)とは?三笠焼き(みかさやき)とはどんな和菓子?

どら焼き(どらやき)・三笠焼き(みかさやき)どら焼き(どらやき)・三笠焼き(みかさやき)

どら焼きは、小麦粉、砂糖、卵を混ぜた生地を丸く焼き、2枚の皮の間にあんこをはさんだ和菓子です。
どら焼きは、漢字で『銅鑼焼き』と書きます。
ドラえもんの好物だから、ドラ焼きという名前がついたと思っている人もいますが、形が打楽器の銅鑼に似ていることから名づけられました。
どら焼きの歴史は意外と古く、今あるどら焼きの形は大正時代からあります。
関西地方では、どら焼きのことを『三笠(みかさ)』『三笠焼き(みかさやき)』ということが多いようです。
これは、奈良県の三笠山とどら焼きの形が似ているところから由来しています。

東雲とは

東雲とは、どらやきと同じ材料で、あんこをはさんだ和菓子ですが、焼き方が違います。
生地の表面をまだら模様に焼いたもので、『明け方の東の空にたなびく雲』にみたてたものです。

 

生どらとは

生どらとは、生地にあんことホイップクリームをはさんだものです。
他にも、抹茶クリーム、チョコクリーム、胡麻クリームなどいろいろな種類があります。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る