カステラとはどんな和菓子?

カステラカステラ

カステラとは、和菓子?意外に思うかもしれませんが、
カステラは、室町時代の末期にポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子です。
50年、60年の歴史ではありません。実は、400年も前から日本で作られているんです。
卵、小麦粉、砂糖、ハチミツなどを混ぜた生地を、四角い大きな型に流し込んで、オーブンで焼き上げて作られています。
はじめは、『かすていら』と呼ばれ、『加須底羅』や『家主貞良』と漢字があてられていました。
一時は茶の湯の菓子としても使われていました。

もとの作り方はシンプルなものでしたが、日本独自の和菓子として改良されて、現在の形になりました。
きめが細かく整った美しいカステラを作るには、卵の泡立て加減、生地の裏ごし、オーブンで焼く途中の泡切り、焼き上げ後の粗熱取りなど、ポイントがあるのです。

これってどんなの?意外に多い!和菓子の種類

ういろう

ういろう

お店によっては主原料が、米粉、小麦粉、ワラビ粉…

カステラ

カステラ

ポルトガル人が長崎に伝えた南蛮菓子は、400年の…

すあま

すあま

もっちり柔らかいすあまは、うるち米を粉にした上新粉…

まんじゅう

まんじゅう

蒸しまんじゅう、上用まんじゅう、酒まんじゅう…

最中(もなか)

最中(もなか)

もなか。漢字と最中と書く由来とは?…

 

あなたは何系和菓子が好き?!

もっちり餅系 大福、だんご、ういろう まんじゅう隠れあんこ系 薄皮まんじゅう、上用まんじゅう ひんやりつるぷる系 わらび餅、水まんじゅう ほとんどあんこ系 ようかん、もなか、きんつば カリポリ系 せんべい、かりんとう、おかき キレイ ねりきり、干菓子、きんとん ふわふわ系 カステラ、かるかん

>>和菓子検索をもっとみる

 

アクセスページ Ranking

更新

>>もっと見る